人生100年時代の国家戦略―小泉小委員会の500日

著:藤沢烈

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「将来の首相」小泉進次郎の500日にわたる激闘を描いた、初めての本!新しい日本の姿がここにある!小泉進次郎が代表代行を務める「2020年以降の経済財政構想小委員会」で交わされた、500日間の激論。これに端を発した社会保障改革は、安倍政権による「全世代型の社会保障論」へも多大な影響を与えた。政財界を巻き込んだ論争へと発展した小泉らの「人生100年時代の国家戦略」の真意は、どこにあったのか。小泉進次郎の前に立ちはだかった「抵抗勢力」とは何だったのか。小泉らと共に走り続けた男、新世代のオピニオン・リーダー藤沢烈氏が、小泉進次郎と若手議員20人による「激闘の500日」と、そこから見えた小泉進次郎らの「国家観」をドラマチックに描き出す。◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇かつて幸せになるために作られたレールが今、この国の閉塞感につながっている。政治が、その「レール」をぶっ壊していく。もっと自由に生きていける日本を創るために。――小泉小委員会の提言「レールからの解放」より抜粋◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇【小泉小委員会とは】2016年2月、小泉進次郎、村井英樹、小林史明を中心に若手議員でつくられた自民党「2020年以降の経済財政構想小委員会」(委員長代行:小泉進次郎)の通称。500日間にわたり、迫り来る人生100年時代の国家戦略が議論された。全体コンセプトである「レールからの解放」(同年4月)に基づいて発表された「厚生労働省分割案」(同年5月)、「人生100年時代の社会保障へ」(同年10月)、「こども保険の導入」(2017年3月)はいずれも党内外で大きな話題を呼び、政府にも影響を与えた。

    続きを読む

    レビュー

    4
    4
    5
    1
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/11Posted by ブクログ

      手国会議員による日本国の国家戦略論

      直面する「人口減少」を悲観的に捉えるのではなく、前向きのチャンスとしようとするもの
      若さでダイナミックなリードを期待し、お願いしたい
      キーワードは「米百俵」だと思...

      続きを読む
    • 2018/09/04Posted by ブクログ

      『人生100年時代の国家戦略』読んだ。小泉進次郎氏ら若手議員により結成された小委員会が、22世紀を見据えた社会保障制度を練り上げ、実際に政策として昇華させていく500日間をオブザーバーがまとめたもの。...

      続きを読む
    • 2018/08/19Posted by ブクログ

      小泉進次郎が中心となった小泉小委員会「2020年以降の経済財政構想小委員会」について、その始まりから500日間の活動を追いかけたもの。著者は一般社団法人RCFというNPOを立ち上げて東北復興支援に取り...

      続きを読む
    開く

    セーフモード