【最新刊】風の色

風の色

1冊

著:鬼塚忠 原案:クァク・ジェヨン

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人はなぜ生き、そして愛するのか。流氷の北海道・知床と東京。そこで生きる二組の男女。二つの世界が交錯し、結ばれる愛の先には……。映画「猟奇的な彼女」のクァク監督と気鋭の小説家・出版プロデューサー鬼塚忠がタッグを組組み、人間の存在の本質を、ミステリータッチで描き出した最高のラブストーリー。2016年映画公開「風の色」原作小説。2018年1月、映画「風の色」日本公開決定!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/12/08
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/12Posted by ブクログ

      学校で読んでいて、泣きそうになりました。学校で読むのは危険ですね。一回ではあまりわからなくて、二回読みました。感動しました。

    • 2017/11/13Posted by ブクログ

      映画「風の色」2018年1月26日、全国ロードショー この世界に、もう一人の自分がいたら。そして二人が同じ人を愛してしまったら。流氷の北海道と桜舞う東京。そこに生きる二組の男女。二つの世界が交錯し、結...

      続きを読む

    セーフモード