【最新刊】大前研一 日本の論点2018~19

大前研一 日本の論点2018~19

大前研一

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    コンサルティング界伝説の人物、世界的な「知の巨人」の大前研一が著する累計30万部の大人気シリーズが今年も発売!この1冊を読むだけで、今年、日本や世界で話題となるポイントがわかる。巻末のベルリンフィル第一コンサートマスターである樫本大進氏との対談にも注目。【著者紹介】大前研一(おおまえ・けんいち) 早稲田大学卒業後、東京工業大学で修士号を、マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士号を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニー・インクを経て、現在(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役、ビジネス・ブレークスルー大学学長、ボンド大学経営学部教授。著書に『稼ぐ力』(小学館)、『新装版企業参謀』(プレジデント社)、『低欲望社会「 大志なき時代」の新・国富論』(小学館)ほか多数。「ボーダレス経済学と地域国家論」提唱者。マッキンゼー時代にはウォールストリート・ジャーナル紙のコントリビューティング・エディターとして、また、ハーバード・ビジネスレビュー誌では経済のボーダレス化に伴う企業の国際化の問題、都市の発展を中心として拡がっていく新しい地域国家の概念などについて継続的に論文を発表していた。この功績により1987年にイタリア大統領よりピオマンズ賞を、1995年にはアメリカのノートルダム大学で名誉法学博士号を授与された。経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/12/07

    レビュー

    • 2018/11/11Posted by ブクログ

      いつもながら新年に向けて、課題の整理が素晴らしい
      しかし安倍政権・トランプ政権の持続にはやや諦め感
      安倍総理には器がない「改革者になれない」(最初の論点)
      小池百合子 前原代表も同じ
      目の前の課題には...

      続きを読む
    • 2018/01/06Posted by ブクログ

      お友達か思想信条かイエスマン
      自分と意見が違う人
      独仏の良好な関係
      この国を変えるのは自分だ
      稼ぐ力はトップのビジョンと判断力
      経営力、金はあるが
      海外の会社をマネージメントできるグローバル人材を20...

      続きを読む
    • 2018/01/08Posted by ブクログ

      年のはじめに今知っておくべき世の中の動きを、ざっくり理解することができる。社会人の基礎勉強の手始めにオススメの本。今回は一気に読み進めたので頭にしっかり入れることができた。プレジデントの原稿の再録だか...

      続きを読む
    開く

    セーフモード