雪崩教本

編集:雪氷災害調査チーム 編集:雪崩事故防止研究会

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。雪崩の全てを理解するため、雪崩から逃れるため、雪崩に関するあらゆる重要点を考察・網羅した雪崩教本。最先端のレスキュー技術もわかりやすく解説、雪山登山者、スキーヤー、スノーボーダー、バックカントリースキーヤーにとって必読・必携の雪崩本。2017年3月27日、那須連峰茶臼岳で、春山登山講習中の高校生と引率教員ら48人が雪崩に巻き込まれ、最上部にいた8人が死亡するという大事故が起きた。雪山では斜面に雪が積もりさえすれば、いつ雪崩事故が起きても不思議ではなく、茶臼岳のように悲惨な結果を招くことも珍しくはない。本書は、雪崩について最も重要、且つ、欠かすことのできない要素の中から三つの章で構成。写真・イラスト満載で、視覚的なわかり易さでも群を抜く雪崩解説の必携本。第1章雪氷学として降る雪、積もる雪、雪崩の原因を解説第2章リスクマネジメントとしてハザード評価、雪崩装備、行動と意思決定を解説。第3章サーチ&レスキューとして実践的で最新のレスキュー技術を解説。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード