新版 落語の名作 あらすじ100

監修:十一代目金原亭馬生 著:青木伸広

1,287円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    今、空前の落語ブームを受けて緊急新版! 人気の超定番噺から大ネタまで、ジャンル別にコンパクトに網羅しました。市井の人々の生活や人情の機微、さまざまな笑いなど、古典落語の面白さ、奥深さがよくわかる一冊です。時代を超えて愛され続けてきた古典落語の魅力がたっぷり。寄席や落語会に行く前の予習本としてもご活用ください。今、江戸時代以来の落語ブームだといわれています。本書に収録されている古典落語の100席は、落語界の重鎮、十一代目 金原亭馬生師匠と神保町「落語カフェ」主宰の青木伸広氏が厳選しました。また、色気を感じる素敵なカバーの装画は、落語を素材とした漫画も描かれている人気漫画家、西炯子先生の作品です。もっと落語を楽しむために最適の一冊。そのまま覚えれば、あなたも落語家デビュー!?

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/28Posted by ブクログ

      定番の噺も沢山掲載されている。
      最後のオチ、サゲが、方言やその慣習などの成り立ちで、聞いていた時よりも、この本で読むことで、よく理解できる。

      もう、若い人達には、鎹や玄翁と言っても理解できないであろ...

      続きを読む
    • 2018/04/24Posted by ブクログ

      落語中級者としてら、結構聞いたことのある噺も多かったけど、知らないものもあったし、文章も分かりやすかった。落語の本は、どうしても読みづらくて、噺を聞く方が好きだったけど、これなら1冊家に欲しいと思った...

      続きを読む

    セーフモード