夢を実現するパラレルキャリア beyond2020の働き方改革

一木 広治

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【電子版のご注意事項】※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。あのピータードラッカーが提唱したと言われる「パラレルキャリア」という概念。まさにオリンピック前後の日本にふさわしい、新たな働き方改革になるキーワード。やりたいことをやれる人間になる。夢を実現する。志を実行し、チームを作って、形にする。そのためにはまず「名刺を3枚以上持つこと」「肩書きを3つ以上持つこと」。「肩書きは足すものではなく、かけあわせるもの」。2020オリンピック・パラリンピック招致委員会、事業・広報アドバイザー(2011~2013)をはじめ、大企業からエンタテイメント企業まで、多くの肩書きを持つ著者が語る成功論は組織をはみだし、越境すること。つまり会社や組織に依存せず、やりたいことができる人間になること。巻末には著者とEXILE USAさん、加藤勝信厚生労働大臣・内閣府特命担当大臣、および働き方改革担当大臣との対談も。

    続きを読む

    レビュー

    2.2
    4
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/05/17Posted by ブクログ

      ちょうどパラレルキャリアというものを意識してきて、目についたから買いました、の、本。自分なりにパラレルキャリアやってきて、共感するところと、ここは意見が違うなぁ、受け入れなきゃ、と思うところも。
      be...

      続きを読む
    • 2018/05/03Posted by ブクログ

      タイトルに惹かれて読んでみたが、どうも思っていたものと違ったらしい。
      パラレルキャリアでの人生について、手引書のような感じ。
      これから大学生になる人や、社会活動ゼロの人でなにかやりたいと思っている人に...

      続きを読む
    • 2018/02/05Posted by ブクログ

      パラレルキャリアを志向しはじめているので、参考に読んでみたが、あまり新しい発見はなかった。パラレルキャリアっていうワードが気に入ったくらいなので立ち読みでよかったかなという印象。とにかく自分の役職はい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード