サムライ・ダイアリー 鸚鵡籠中記異聞

著:天野純希

763円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    元禄の世の風俗や世情を記した日記『鸚鵡籠中記』で知られる尾張の御畳奉行・朝日文左衛門の素顔は、密かに私事を書き留めた「秘本」の中にあった――。酒好きで、女好きで、噂話好き。武士としての志を立てるも、怠け者ゆえに、時に欲に溺れ、時に修羅場も経験するダメ男。あまりに不器用だけれども、どこか愛さずにはいられない男の一代記。

    続きを読む

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/09Posted by ブクログ

      これは楽しい(^^)
      鸚鵡籠中記という日記は読んだことはありません。
      本当に、こんな内容なんでしょうか!? すごく興味が湧きました。
      普通の武士の暮らしというか、主人公の若い頃から晩年まで辿ることがで...

      続きを読む
    • 2017/12/26Posted by ブクログ

      飲兵衛でええかっこしー。

      奥さん二人以外に孕ませた女性は二人。
      仕事は飲んで騒いで鴨とって、いい時代だな。

    セーフモード