女盛りは腹立ち盛り

著:内館牧子

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本の産業PRを疎かにした時の首相に資質がないと怒りつつ、〈お名前様〉〈ご住所様〉と何でも“様”を付けたがる過剰な日本語使いの店員に苦言を呈す。真剣に《怒る》ことを避けてしまったすべての大人たちへ、その怠慢と責任を問う、直球勝負の痛快エッセイ五十編。我ながらよく怒っていると著者本人も思わずたじろぐ、怖くて優しい本音の言葉。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/01/01Posted by ブクログ

      こと「フォーマルな意識」には感嘆した。
      芯を持って怒ってくれる人が少ないと感じていたので、こんなめんどくさいこと(叱ること)をやる女性がまだいたのか、と。

      思えばあの頃は気がつかなかったが、学生時代...

      続きを読む

    セーフモード