ソニーはなぜ不動産業を始めたのか?[増補改訂版] 不動産流通革命に挑む改革者たち

著:茂木俊輔

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新たな挑戦を続けるソニー不動産の次なる展開とは『ソニーはなぜ不動産業を始めたのか?』第1版では、お客様への調査で9割を超える人が「満足」と答えたソニー不動産が、どのように立ち上げられたのか、そのビジネスの新しさや不動産市場における意義は何なのか、をみてきた。今回の増補改訂版では、ヤフーとの業務・資本提携のいきさつも加え、それが可能にした「おうちダイレクト」という不動産売買プラットフォームの構築・運営が、消費者にとってどのような意味を持つものなのか、を明らかにする!

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/03Posted by ブクログ

      2019/05/03
      両手仲介を禁じて、片手で利益相反を無くす。
      業界にいると理想論にも聞こえるが、やはりそうあるべきとも思える。
      まだ始まったばかりの会社。
      社員の方に会うといい印象だから、きっとだ...

      続きを読む
    • 2019/04/21Posted by ブクログ

      ソニー不動産については、まったく存在を知らなかった。ソニ銀行、ソニー損保等は広告により把握していたが、まさかあのソニーがすでに不動産にも参入していたとは驚きだった。ソニー銀行は、顧客満足度が日本内で1...

      続きを読む
    • 2018/01/07Posted by ブクログ

      あのSONYが不動産業を始めた
      その成り立ちと事業の特徴を解説

      そういえば、電子機器の他にも、音楽、映画、金融など色々ある。顧客に感動を与えるという理念が有れば良いらしい。

      読み始めは、ナルホド、...

      続きを読む

    セーフモード