【最新刊】人工知能の「最適解」と人間の選択

人工知能の「最適解」と人間の選択

NHKスペシャル取材班(著)

814円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    AI裁判、AIトレーダー、AI人事、AI政治家、そして、「人類代表」佐藤天彦名人が挑んだ電王戦――。膨大な計算力を背景に導き出される「最適解」に、私たち人間はどう向き合えばいいのか? そして、正しく「操縦」できるのか? 国内外の現場取材を基に、山積みの課題からルールづくりまで、人工知能と社会のかかわりを展望する1冊。『人工知能の核心』に続く、NHKスペシャル「人工知能 天使か悪魔か」シリーズ出版化第2弾!◆羽生善治王座、佐藤天彦名人に加え、ポナンザ開発者・山本一成氏、人工知能の世界的権威ベン・ゲーツェルのインタビューを各章の要所に盛り込んだ、類書では読めない充実した内容!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/12/02
    連載誌/レーベル
    NHK出版新書
    出版社
    NHK出版
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    4.1
    10
    5
    3
    4
    5
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/11/30Posted by ブクログ

      羽生いわく「将棋ソフトと棋士の対局は、未来社会の模擬実験的なことをやっている」

      「人工知能の脅威は、職を奪われることよりも、人工知能によって伸びる企業とそうではない企業に二分されることにあるのではな...

      続きを読む
    • 2019/02/14Posted by ブクログ

      NHKスペシャル「人工知能 天使か悪魔か2017」の取材班による番組取材を通じて番組では紹介できなかった事実などをまとめた本。
      人工知能の技術的な解説ではなく、番組放送時点でAIがどのような分野に応用...

      続きを読む
    • 2019/02/06Posted by ブクログ

      人工知能の急激な進化によって、失業などの直接の悪影響を受ける人がいる一方で、今以上に便利さや豊かさを享受できつつあることも事実で、私個人は期待値の方が不安を上回る。しかし、人工知能があまりに優秀で、人...

      続きを読む
    開く

    セーフモード