画狂其一

梓澤要(著)

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    現代美術にも通ずる大胆な空間構成が高く評価され、欧米の美術界で江戸琳派の旗手として広く知られる鈴木其一。酒井抱一の内弟子として画業をスタートした其一は、師の死後、どのようにして「夏秋渓流図」「朝顔図屏風」のような奇想の絵を描いたのか!? 絵師としての苦悩、波瀾に満ちたその生涯を描く歴史小説。

    続きを読む

    レビュー

    4.3
    3
    5
    1
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/11Posted by ブクログ

      其一は抱一の弟子。
      という薄い印象しかなかったけど、絵師だろうが弟子だろうが、ひとりの人間なんだ!と明らかなことに気づかされた。
      絵に師に人に時代に、渦巻く時間に生きてきた人だった。

      抱一の性格が(...

      続きを読む
    • 2018/05/17Posted by ブクログ

      琳派とは、俵屋宗達・本阿弥光悦を祖とし、やまと絵の様式を基盤としながら、デフォルメやトリミングといった斬新なアレンジにより、装飾性と意匠性に富んだ独自のスタイルを確立した流派を言う。その後、尾形光琳・...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/02/26Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード