虚ろなる十月の夜に

著:ロジャー・ゼラズニィ 翻訳:森瀬繚

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    切り裂き魔(ジャック)に吸血鬼(ドラキュラ)、名探偵(ホームズ)いずれ劣らぬ曲者たちが旧き神々(クトゥルー)に対峙する――十月の終わりの万聖節前夜に、そのゲームは行われる。《閉じる者》と《開く者》、旧き神々を崇拝する者たちとそれを阻止せんとする者たちの、世界の変革と保持を巡る戦い──《大いなる儀式》が。御主人切り裂きジャックと使い魔である犬のスナッフもまた、《大いなる儀式》の参加者である。彼らが来た村には、ドラキュラ伯爵、フランケンシュタイン博士らの姿があり、使い魔たちは儀式へ向け情報を集めている。スナッフは魔女ジルの使い魔である猫のグレイモークと頻繁に情報を交換するが、果たして彼女たちが味方なのかすらもわからないのだ。そして儀式の日が迫る中、参加者たちの周りに名探偵シャーロック・ホームズの影が見え隠れする──。著名なキャラクターたちとクトゥルー神話を融合させ、ネビュラ賞候補作ともなった、奇想横溢のゼラズニイ最後の長篇。

    続きを読む

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/25Posted by ブクログ

      明言はされていないが切り裂きジャック、ドラキュラ伯爵、フランケンシュタイン、狼男という豪華キャスト登場のクトゥルフもの。使い魔の動物たちの会話がファンタジィ。面白かったけど、読む人を選んじゃうだろうな...

      続きを読む
    • 2017/12/08Posted by ブクログ

      ゼラズニイの未訳ものが出るのもビックリなら、ラノベの様なカバーで竹書房から出るのもビックリでございました。
      表紙絵にも違和感だし、オビの説明文も余計な気がするが、この方が若い子が手に取りやすいんだろう...

      続きを読む
    • 2017/12/06Posted by ブクログ

       およそ四半世紀ぶりのゼラズニイ新訳だという。しかも最後の長編。厳密にいうと死後、ベスターの遺稿を補筆完成させた「合作」が出版されているので、最後の単独作長編。
       一人称主人公は番犬スナッフ。ところは...

      続きを読む
    開く

    セーフモード