【最新刊】蛟堂報復録9

蛟堂報復録

9冊

著:鈴木麻純 イラスト:かなみ凪

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大人気陰陽師シリーズ、ついに完結の文庫化第九弾! 辰史と丑雄、二人は決着をつけるために、思念世界へ入った。もはや互いの心に親族としての情はない。あるのは、憎しみのみ。そして、比奈は辰史の代わりに自ら丑雄と戦うことを望み、太郎は二人の争いを止めるために奔走する。比奈と太郎の介入により、天才陰陽師と異能者に待ち受ける運命もまた、変化しようとしていた――最終話「黒塚」に加え、外伝2編を収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/12/01
    出版社
    アルファポリス
    ジャンル
    文芸
    • 蛟堂報復録 全 9 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      蛟堂報復録 全 9 巻

      5,940円(税込)
      59pt獲得

    レビュー

    3.2
    48
    5
    10
    4
    6
    3
    19
    2
    13
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/03/29Posted by ブクログ

      大事だからこそ独占したい、相手に裏切られるのが怖くて試そうとする気持ちは分かるが、彼女の考えていることはえげつないし、理解できない。
      物語の主人公は、彼らが幸せなときに終わるから幸せなのだと聞いたこと...

      続きを読む
    • 2017/03/26Posted by ブクログ

      叙述トリックと呼んでもいいのだろうか?
      確かに新興宗教の教祖や窃盗犯のボスという立場では誰に話しても信用してくれなそう。
      それにしても雷は恐ろしい。気を付けよう。
      そういえば具体的な元ネタがないように...

      続きを読む
    • 2017/03/26Posted by ブクログ

      確かに鍾馗の言うことは間違ってはいないし、信太郎の言い分も分からなくはないと思うからこそ複雑な問題なんだと思う。
      身に覚えがないとは言い難いので気を付けたい「姥捨て山」。

      一部を切り取ればハッピエン...

      続きを読む
    開く

    セーフモード