居酒屋ぼったくり3

著:秋川滝美 イラスト:しわすだ

1,056円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    東京下町にひっそりとある、居酒屋「ぼったくり」。名に似合わずお得なその店には、旨い酒と美味しい料理、そして今時珍しい義理人情がある――。全国の銘酒情報、簡単なつまみの作り方も満載! 旨いものと人々のふれあいを描いた短編連作小説、全編書き下ろしの第3巻!

    続きを読む
    • 居酒屋ぼったくり 全 12 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      居酒屋ぼったくり 全 12 巻

      12,672円(税込)
      126pt獲得

    レビュー

    3.6
    52
    5
    7
    4
    18
    3
    27
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/30Posted by ブクログ

      美音は客に感情移入しすぎるのではないか。
      でも「お節介」かもしれないがそれが常連客には心地良いのだろうし、下町人情というやつなのだろう。
      ただやはり一見さんには入り辛いかな。
      要は、仕事や距離の問題も...

      続きを読む
    • 2019/12/04Posted by ブクログ

      いつもの感じで、のんびり酒と肴を楽しみなが読みました。これを読むといつも出てきた料理を作りたくなったり、新しいお酒を買ってきたくなり、実際にそうしてしまいます。今度の週末はロールキャベツとレンコンのは...

      続きを読む
    • 2019/06/30Posted by ブクログ

      人情と店の気配り,酒,料理を描いた5編に癒される。確かに料理や酒の銘柄にも惹かれるのだが本質はそこではなく人から人への思いやりだ。妙齢の女主人,美音と夜遅く来る客,要のやりとりが気になる。

    開く

    セーフモード