【最新刊】老子の教え あるがままに生きる

老子の教え あるがままに生きる

1冊

著:安冨歩

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    斬新な解釈が大反響を呼び、中国語や韓国語にも翻訳された『超訳 論語』。その著者・安冨歩東京大学東洋文化研究所教授が、今度は『老子』に挑んだ。五年の歳月をかけ、数多く存在するテキストの吟味と綿密な解釈とを経たうえで、可能な限りわかりやすく現代語訳したものが本書『老子の教え あるがままに生きる』だ。二千数百年前に書かれた『老子』という書物は、具体的な人名や地名がまったく現れない、抽象的な議論に終始した内容であるにもかかわらず、長い年月にわたって東アジアの人々の思考の指針であり続けてきた。それはこの書物の内容の深さと広さとの証明である。また、欧米の知識人の興味を強く惹きつけ、そのキーワードである「道(タオ)」という言葉は広く流通している。世界全体を見渡せば、『老子』は『論語』よりもはるかに広く読まれ、大きな影響を与えているのだ。『老子』がこれほど広く深い影響を与えた理由は、その抽象論が、単なる思考の遊戯ではなく、生きるための実践的意味を持っているからだ。その言葉を理解するための手掛かりは、本の中にではなく、私たちの生活の中にある。読者が、老子の言葉を手助けとして日々の困難を乗り越え、それらの経験によって言葉の意味を感じ取る、という過程が積み重ねられ、『老子』は二千数百年にわたって読まれてきた。『老子』の思想の根幹は、その動的な世界観にある。つまり、世界のいかなるものも、動かないものとしてではなく、生まれ、変化し、滅ぶものとして理解する。そしてそれを、固定した動かし得ないものと思い込んでしまうことの危険性を、さまざまな角度から指摘し、粘り強く繰り返し、叱咤激励する。一度言われたらわかるようなことではなく、繰り返しとされなければ、私たちの中に入ってこないからである。そうすることで読む者は、ここに込められた知恵を、生活の中で把握し豊かに生きる道を見出すことができるようになるのである。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/12/01

    レビュー

    3.7
    4
    5
    1
    4
    2
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/14Posted by ブクログ

      自然体で生きよ、との教えは決して間違っていないが、個人的には共感も実践もできそうにない。
      何ら大志を抱かず、無為に生きると言うのは人類にとって後退ではないか?
      最後までこの印象が覆ることはなかった。

    • 2019/10/24Posted by ブクログ

      老師の教え 安冨歩 ディスカバー21
       
      ものごとは常に変化しながら生まれては滅ぶ
      その危うさをおそれる必要はない
      それどころかあなた自身が
      可能性に満ちた者であることを理解できれば
      先の見えない不安...

      続きを読む
    • 2017/12/04Posted by ブクログ

       老子とは孔子のように実在した人物ではなかったとこれを読んで始めて知った。
       平易な言葉で読みやすく書かれているのに、読み終えたあと「どういう意味だ?」と読み返したくなる超訳。詩のようであり、おみくじ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード