超訳論語 革命の言葉 〈エッセンシャル版〉

編訳:安冨歩

990円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください。

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本書は、私自身が、この世界を生きるためのよすがを求めて、論語の言葉の響きを聞き取った、その報告である。論語という、二千数百年という時間を越えてこの私に届いた奇跡の言葉には、人々の心を響かせてきた、何かがあるはずだ。私はその何かを聞こうとして、多くの知識を蓄えつつ、耳を澄ませてきた。その響きを本書ではお伝えしたいと思う。もちろん本書は、徹底して客観的たらんとしつつ、同時に、徹頭徹尾、主観的な書物である。それゆえ、ここに書かれていることを、決して鵜呑みにしないで頂きたい。一つ一つの言葉が、役に立てば役に立て、役に立たなければ、捨てて欲しい。そして、論語について何かを誰かに言いたい、と考えたなら、必ず原文に当たり、本当に私が聞き取った響きが聞こえるかどうか、読者自ら確認してほしい。もし違った響きが聞こえたら、それがあなたにとっての論語なのであり、その響きを大切にして欲しい。本書はそのための手がかりに過ぎないのである。(「序」より 著者よりコメント)

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード