【最新刊】本物の読書家

本物の読書家

乗代雄介

1,672円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    書物への耽溺、言葉の探求、読むことへの畏怖。群像新人文学賞受賞作『十七八より』で瞠目のデビューを遂げた、新鋭にして究極の読書家、待望の新刊!表題作のほかに「未熟な同感者」を収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/12/01
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(8件)
    • 本物の読書家
      2020/04/29

      【本物の読書家】
      純文学らしさに囚われておらず自由な構成、展開が魅力的だった。ミステリー要素もあり、大叔父の秘密が結局本当なのかがわからないところがまた良かった。一番印象的なシーンは髭が植えられた本が...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 本物の読書家
      2018/01/19

      二編の中編小説が収められている、なかなか素敵な装丁の小説集。

      文学に関するウンチクや引用がちりばめられている一方で、ミステリーっぽいというか、どんでん返しが設定されたりしていて、「ドキドキさせる堀江...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 本物の読書家
      2018/12/18

      2篇収録されていて、もう1篇の『未熟な同感者』の方が私は面白かったです。構成とテーマと書き方どれも新しく、作中の講義内容がとても興味深かった!ほぼ全部を引用したいほどです。講義のテーマの中心人物となる...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード