【最新刊】抱きしめよう、わが子のぜんぶ(大和出版) 思春期に向けて、いちばん大切なこと

抱きしめよう、わが子のぜんぶ(大和出版) 思春期に向けて、いちばん大切なこと

著:佐々木正美

1,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「どんな風に子どもと向き合えばいいからわからない」――そんな風に悩んでいる人へ。不登校、いじめ、反抗……。思春期でつまずいてしまうのはなぜ? その時を迎えた子どもに、どのように接したらいいのか。児童精神科医の第一人者が説く、今日から親子で笑顔になれるハッピーアドバイス。 【著者紹介】佐々木正美(ささきまさみ)1935年、群馬県前橋市生まれ。新潟大学医学部を卒業後、東京大学で精神医学を学び、ブリティッシュ・コロンビア大学児童精神科に留学して児童精神医学の臨床訓練を受ける。帰国後、国立秩父学園や東京大学精神科助手などを経て、神奈川県児童医療福祉財団・小児療育相談センター所長、東京女子医科大学小児科・お茶の水女子大学児童学科等の非常勤講師、ノースカロライナ大学非常勤教授、川崎医療福祉大学特任教授、横浜市総合リハビリテーションセンター参与などを歴任。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/12/01
    連載誌/レーベル
    大和出版
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      子どもとの関わり方に不安を感じ、私はダメな親だ、と落ち込んでいた時に、この本を読みました。子どもを叱りすぎだ、と反省すべき点もありましたが、最も感銘を受けたのは、「子育て以上に価値ある仕事はありません...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      ▼職場であれ、家族内であれ、学校であれ部活であれ。特に職場の上下関係とか部活とかに多いと思いますが、「お前のためなんだ」「だから俺がこうやって教えてやってるんだ」「今はわからないだろうが、後で絶対お前...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      以下覚え書き。

      …反抗も甘えも思う存分させてあげればいい。

      親の希望よりも子供が望むことをかなえてあげる。

      ~しなさいよりも~してねとお願いするほうが効果的。

      子供はいつだって親の期待に応えよ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード