のたり松太郎 16巻

ちばてつや

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック! ▼第1話/勝負つく▼第2話/ご苦労さま▼第3話/お見舞い▼第4話/箸と入れ歯▼第5話/伊勢駒部屋の熱気▼第6話/連合稽古▼第7話/名古屋場所初日▼第8話/宿舎の客▼第9話/眠れぬ宵▼第10話/ジミな人の派手相撲▼第11話/作戦▼第12話/差し違い▼第13話/マドンナ●登場人物/坂口松太郎(伊勢駒部屋の力士。ついに念願の十両へ昇進)、田中清(幕下力士。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)、西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)、伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)●あらすじ/前巻より続く、ベテラン・大室山との死闘。長引く勝負は、体力のある若い松太郎に有利かとも思えたが、引退をかけた大室山も持てる死力をふりしぼる。一進一退の攻防を繰り広げる両雄。はたして軍配はどちらにかえるのか?(第1話)。▼国技館内に沸き起こる大声援のなか、最後は「合掌捻(ひね)り」という大ワザで勝負に決着を付けた松太郎。両雄はともにタンカで医務室へ運びこまれるが、「これで悔いなく引退できる」との大室山の言葉に、心の機微にうとい松太郎でさえ勝負師の心意気を感じるのだった(第2話)。●本巻のハイライト/7月の名古屋場所。松太郎はまたしても、7勝7敗というきわどい戦績で千秋楽を迎える。番付を田中に追い越されないためにも、ここは落とせない一番。しかし、かけひきが上手いベテラン・玉獅子の策略にはまり、松太郎は頭に血をのぼらせてしまう。このまま玉獅子の術中にはまってしまうのか……?(第11話)

    続きを読む
    • のたり松太郎 全 36 巻

      未購入巻をまとめて購入

      のたり松太郎 全 36 巻

      21,780円(税込)
      217pt獲得

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード