【最新刊】悪意怪談

悪意怪談

編:エブリスタ

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「コレ捨てたいんだけど、人間って何ゴミ?」史上最狂の「サイコホラーコンテスト」より外に出るのが怖くなる地獄の15話を収録。すぐそばの狂気、毒人間たちの日常サイコホラー! 変質者から追われて逃げ込んだ顔見知りのおばさんの家。そこには見てはいけない部屋が…「こどもひゃくとおばんの家」、通学途中に突然現れ、じゃんけんを仕掛けてくるおじさん。勝つとお菓子をくれるが、負けると…「じゃんけんおじさん」、朝起きると、手に千切れたハトの首を握っている大学生。本人は夢遊病を疑うが、実は夜に母親が…「夢魔」ほか、人間の狂気と猟奇が炸裂する絶叫サイコホラー。静かに忍び寄る狂気から、おぞましきスプラッターまで、生々しい恐怖がこれでもかと襲い来る。笑顔の裏の悪意、日常の落とし穴……もう誰も信用できない! 〈収録話〉「赤とか黒とか白とか金とか」純鈍「Endless」快紗瑠「こどもひゃくとおばんの家」闇桜「知らない電話番号」焼きそばパン「じゃんけんおじさん」渡波みずき「澄子」くがつなな「誰が死んだ」oomori「罪と罰ショウ」青山瑞希「特別」真山おーすけ「母の嘘」百壁ネロ「パパは檻の中で生きている」佐久間譲司「見えざる狂喜」快紗瑠「夢魔」相沢泉見

    続きを読む
    提供開始日
    2017/11/28
    出版社
    竹書房/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント
    • 悪意怪談

      投稿サイト《エブリスタ》の書籍化なんで期待せずに読んだが、勝てばよいよい負ければ“scythe”の「じゃんけんおじさん」はSFCのホラーゲーム〈学校であった怖い話〉の「飴玉ばあさん」ば彷彿。題名を裏切...

      続きを読む
    • 悪意怪談

      前作は幽霊だったけど今回は生きている人間の恐怖。忙しい時に短編集はいつでも本を置けると思っていたらいつでも読めるやと、本から遠のいてしまった。それでも読むと背筋がゾクゾクして楽しかった。

    • 悪意怪談

      カバーイラストの憎き相手を呪い殺そうと企んで藁人形に針を突き刺す話はありませんが、筋金入りの恐怖が堪能できる15編の文字通り「悪意怪談」傑作短編集です。『じゃんけんおじさん』通学途中に突然じゃんけん勝...

      続きを読む
    • 悪意怪談

      〇 帯が怖い。狂った人との望んでない接触が一番怖いのかもしれない。

    • 悪意怪談

      小説投稿サイトから抜粋された怪談話。『ためしに怪談きいたら、やっぱり幽霊いるし怖すぎた。』は幽霊の話だったけど、今巻は生きている人間の話。近所で見掛ける人だったり、知人だったり、親しい間柄の人間や家族...

      続きを読む

    セーフモード