【完結済み】よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話

よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話

完結

1冊

いしいさや

864円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

さやちゃんが幼いころ、母が新興宗教へ入信。信者たちが目指すのは、神の教えの通りに規律正しく行動し、崩壊後の世界で復活し、楽園で永遠に暮らすこと。さやちゃんは二世信者として母親や周りの信者から厳しく監視され、学校でも浮いた存在に。交際禁止、漫画禁止、国歌禁止、輸血禁止etc...禁止だらけの生活で感じたことを、ありのままにつづる、衝撃の告白漫画。

続きを読む
ページ数
162ページ
提供開始日
2017/12/20
連載誌/レーベル
ヤングマガジン サード
出版社
講談社
ジャンル
青年マンガ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.5
8
5
1
4
3
3
3
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/06/16Posted by ブクログ

    自分の親は新興宗教を毛嫌いする人だったので、どちらかというと偏見が強い。だから本当にわからない。

    子供のためだ、子供の意志で集会に連れていくのだというが、子供が拒否できるはずがないだろう。
    母親が好...

    続きを読む
  • 2019/04/29Posted by ブクログ

    エホバの証人の宗教活動と、不本意ながらそれに巻き込まれている少女の話。
    母親もマンガの主人公のさやちゃんも、どこかボーっとしたような顔で表現されている。作者の絵柄がそうなのだが、私には乖離した人間の精...

    続きを読む
  • 2018/09/25Posted by ブクログ

    色んな意味で興味深かった。信仰の自由ってあるんで一概にこういうのが良くないとは思わないんだけどその他の自由が許されない(決してそういうわけではなさそうだけど)というのはちょっとね。
    後そういう判断が不...

    続きを読む
開く

セーフモード