【最新刊】100回泣いても変わらないので恋することにした。(新潮文庫)

100回泣いても変わらないので恋することにした。(新潮文庫)

堀川アサコ

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    地方都市のしがない学芸員として働く手島沙良は、仕事の途中で体長15センチの謎の小さなおじさんを発見する。彼の名は槇原伝之丞。孤独な人間にしか見えない存在だという。なりゆきでその願いを叶えるハメになった沙良だが――。ひょんなことから出会ったイケメンは訳ありで、街に伝わる河童伝説が蘇ったり、あげく殺人事件発生? 彼女の平凡な日常は今、涙とともに変わり始める。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/12/08
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    2.7
    4
    5
    0
    4
    0
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/02Posted by ブクログ

      タイトルと内容の繋がりは疑問。
      恋愛ものなのか? と思えば、そうでもない推理のような、どっちをメインに読めばいいのだろうか?
      いやー、この母親と関係のある男性と…というのはナイわ。うん、絶対ない。
      ...

      続きを読む
    • 2017/12/12Posted by ブクログ

      小さいおじさんシリーズ?
      寂しい人にだけ見える小さいおじさん。

      今回も傍若無人な振る舞いながら、殺人事件や、河童同士の争いまで解決します。

      今回は、ドロドロな人間関係すぎて、前作の方が好みでした。

    • 2017/08/04Posted by ブクログ

      会話は軽く、小さいおじさんは良く分からない。その存在が重そうだったり軽そうだったり。推理するおじさん‥‥謎解きが‥‥やっぱり良く分からない。ごめんなさい

    開く

    セーフモード