この地獄を生きるのだ うつ病、生活保護。死ねなかった私が「再生」するまで。

小林エリコ

1,386円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    彼女を非難できる人は幸せかもしれない。自尊心を失い、喉を掻きむしる地獄を知らないからだ。精神障害を抱えても、自殺未遂をしても、生活保護を受けても、終わりじゃない。それでも人や社会と繋がることをあきらめず、生き直した人がここにいる。<主婦 / 『夫のちんぽが入らない』著者 こだまさん>うつ、自殺未遂、生活保護、親との軋轢、貧困ビジネス……。問題ばかりの人生を生き抜く、自伝的エッセイ!!月給12万、ボーナスなし、社会保険なし、休みなし。エロ漫画雑誌の編集者としてブラック企業で働いた結果、心を病んで自殺未遂。仕事を失い、うつ病と診断され、生活保護を受給することに。社会復帰を目指すも、やる気のないケースワーカーに消耗させられ、患者を食い物にするクリニックの巧妙なビジネスに巻き込まれる日々。自由もなく“ただ生きている”ことへのうしろめたさからよみがえる希死念慮。未来の見えない絶望の中、ふたたび巡り合った「漫画の編集」という仕事で運命を拓こうとするが……!? 女一人、「再生」するまでの記録。普通に働いて、普通に生きたかった。その「普通」が、いかに手に入れるのが困難なものかを知った。宝石も高価な服も要らない。ただ、その日その日をつつましく生きたいと願っていた。(本文より)“生きづらさ”を感じる多くの方に読んで頂きたい一冊です。<目次>はじめに第1章 精神障害、生活保護、自殺未遂第2章 ケースワーカーとの不和第3章 「お菓子屋さん」とクリニックのビジネス第4章 漫画の単行本をつくる仕事第5章 普通に働き、普通に生きる第6章 ケースワーカーに談判、そして第7章 人生にイエスと叫べ!おわりに特別収録 コミック「女編集者残酷物語」

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/01/11Posted by ブクログ

      近所の知り合いに長いこと躁うつ病の息子さんがいた。いじめが原因だったようだが、詳しくは聞いたことはない。その子が何かと働きたい、働きたいっと言っていたのを思い出す。作業所がつまんない、もっとお金をもら...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/10/06Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/02/02Posted by ブクログ

      主人公は、うつ病から、精神障碍者として認定を受け、生活保護へ。

      当事者にならないとわからない、マイノリティーとしての心境が、ヒリヒリしながら、同時に淡々とつづられている。
      読んでいる側はぐいぐい惹き...

      続きを読む
    開く

    セーフモード