国際法で読み解く戦後史の真実 文明の近代、野蛮な現代

著:倉山満

850円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    国際法を理解しているのか怪しい、アメリカ。国際法を理解したうえで破る、ロシア。そもそも法を理解できない、中国。そもそも人の道を理解できない、北朝鮮。そうした国々が核兵器を手に激しく火花を散らす中、日本は右往左往するばかり。にもかかわらず、日本人の多くが、第二次世界大戦前よりも、戦後のほうが人類は進歩し、文明的になったと考えているのではなかろうか? だが、第二次世界大戦後、国連をつくり戦争をなくそうとした世界で、嫌というほど、残虐な殺戮が続いてきたことは、少し考えればわかることだ。東西冷戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、中国の暴虐、中東の動乱……。実は、「人類史は進歩している」と考えるのは大間違い。冷戦と革命と地域紛争と虐殺に明け暮れた戦後期は、むしろ「野蛮に退化した時代」だったのである。なぜか。それは文明のルールだった「国際法」をアメリカとソ連(ロシア)が破壊してしまったからだ。戦争根絶、民族自決、共産主義などの理想が、いかに残虐な世界を作ったか。日本は、残虐になってしまったこの世界で、いかに生きていけばいいのか。国際法を切り口として現代史を見ていくと、その大きな流れと各国の思惑が驚くほどによくわかる! 戦後から現代までの世界情勢の謎と闇を一刀両断に解明する斬新な現代史。 【目次より】●第1章 「文明の近代」はなぜ野蛮化したのか ●第2章 戦後日本の「諸問題の根源」を国際法で解く ●第3章 国際法を理解できない者VS理解して破る者の「仁義なき冷戦」 ●第4章 キューバ危機・ベトナム戦争・文化大革命 ●第5章 冷戦が終結し、世界はさらに野蛮になった ●終章 あらためて、なぜいま国際法を学ばねばならないか

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    4
    5
    2
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/04/30Posted by ブクログ

      明日、新しい時代である「令和」を迎えるにあたり、部屋の片隅に読みかけとして置かれていた本を一斉に整理することにしました。恐らく読み終えたら、面白いポイントが多く見つかると思いますが、現在読んでいる本も...

      続きを読む
    • 2019/03/30Posted by ブクログ

      倉山氏の簡潔明瞭でストレートな解説と事実確認は、スッと入ってきますね。近代史を正しく理解し、近隣諸国の歴史や特徴をつかむことが、海洋国家「日本」の取り組むべき方向を決定できることと感じられます。
      少な...

      続きを読む
    • 2017/11/19Posted by ブクログ

      憲政史家の倉山満が文字通り、国際法を基準にして戦後史を読み解くと、現代は1945年以前よりも明らかに国際法違反が増え、紛争が増えているということを分析した一冊。

      幸か不幸か日本は中露北朝鮮の軍事的脅...

      続きを読む
    開く

    セーフモード