京都の壁

著:養老孟司

799円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    千年の都・京都にはいくつかの壁が存在する。言葉の壁、老舗の壁、地形の壁、京料理の壁、京都人の壁、文化の壁……良くも悪くも京都らしさ、日本らしさを体現したこれらの壁の正体は? 【目次より】●第1章 城郭のない街……日本人の「うち」と「そと」意識 ●第2章 京都人のいけず……「ぶぶ漬けでも」は都市伝説か? ●第3章 「美人」東西物語……江戸の侍文化と京の町衆文化 ●第4章 都市論と京都……古都になるには千年かかる? ●第5章 私の好きな京都……木屋町の思い出 ●第6章 京都、東京、大阪――新三都物語……住むなら京都がいちばん! ●第7章 京都は日本文化の中心か?……祇園祭は文化財の宝庫 ●第8章 共通言語と地方……言葉こそ文化である ●第9章 京都とサブカルチャー……世界がマンガを必要としている ●第10章 京都と自然……鴨川と方丈記

    続きを読む

    レビュー

    2.7
    7
    5
    0
    4
    1
    3
    3
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/28Posted by ブクログ

      養老孟司の文章は分かりにくい。
      話が飛ぶ。関連話、あるいは例として出てくるのだろうが、間にもう一つクッションがないと、つながりが分かりにくいのだ。自分の頭の中ではつながりの理屈がちゃんとあるのだろうけ...

      続きを読む
    • 2019/03/10Posted by ブクログ

      京都というよりは、日本の”都市”論がふさわしいかもしれません。

      気に入った節は、

      ノーベル賞や世界遺産などで大騒ぎするのはやめましょうということです。もうそろそろ日本人は自分たちで良いもの、たいせ...

      続きを読む
    • 2017/12/29Posted by ブクログ

      20171227
      京都本詐欺の謗りを受けても文句言えませんね。京都をリンクさせる必然性が見えない。読み物としては面白いけれど、お金を払うほどのことはない。

      ー生物の世界では遺伝子が情報をコピーしてい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード