【最新刊】遺言。(新潮新書)

遺言。(新潮新書)

養老孟司

792円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    動物とヒトの違いはなにか? 私たちヒトの意識と感覚に関する思索――それは人間関係やデジタル社会での息苦しさから解放される道にもなる。「考え方ひとつで人生はしのぎやすくなりますよ」、そう著者は優しく伝える。ひと冬籠って書きあげた完全書き下ろしとなる本書は、50年後も読まれているにちがいない。知的刺激に満ちた、このうえなく明るく面白い「遺言」の誕生! 80歳の叡智がここに。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/11/24
    連載誌/レーベル
    新潮新書

    レビュー

    • 2019/02/03Posted by ブクログ

      じじい特有の色々もうわかりあおうとするのは面倒だ、という態度が、うっせーじゃあ書くなよ本なんか、と思ってイライラする。そういう不徹底がだらしない。わかりあうのが面倒ならコミュニケーションやめればいい。...

      続きを読む
    • 2018/04/18Posted by ブクログ

      現代の世の中で起きている様々な問題に対し、一つの補助線として意識(脳化、都市化、情報化)への過度な偏重を提示。


      ・人間と動物の違い。人間は意識、動物は感覚を重視する。ここから人間は感覚から入力に対...

      続きを読む
    • 2018/01/17Posted by ブクログ

      養老先生、初めてかもしれん。NHKの人体に出てらした。
      面白かったのです。「バカの壁」も読むべかな。

    開く
    [{"item_id":"A001809884","price":"792"}]

    セーフモード