軍事のリアル(新潮新書)

冨澤暉

836円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    現代の軍隊は「戦争の道具」ではなく、世界の繁栄と平和を守るための基盤である。一国平和主義によって世界の現実に目を閉ざした日本は、その「常識」を共有できない。今こそ自衛隊を正しく「軍隊」と位置づけ、過剰な期待も過剰なアレルギーも排し、何ができるのかを冷静に見極めよ──。陸上自衛隊トップの幕僚長を務めた著者が、自衛隊の現場の視点から語った超リアルな軍事論。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード