【最新刊】国民国家と戦争 挫折の日本近代史

国民国家と戦争 挫折の日本近代史

著者:加藤聖文

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    開国から明治維新の近代国家創設、日清・日露戦争を経て植民地帝国への拡大、満州事変から日中戦争、第二次世界大戦敗北による帝国崩壊まで……。日本は、アメリカ・フランスのような理念型ではなく、民族型の国民国家を形成し、天皇中心の国体に収斂してしまった。国民による戦争への積極的な関わりにも注目。「国民」をキーワードに、日本近代史を解明し、単純な支配・被支配関係ではない国民国家・日本の実像に迫る。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/11/25
    連載誌/レーベル
    角川選書
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      序章で示されている通り、本書は「日本の近代を国民国家の視点から通観してみようという意図のものに書かれたもの」である。「開国から敗戦までの日本の近代を国民国家の視点から解釈してみると、どのような歴史が見...

      続きを読む

    セーフモード