【最新刊】サブカルで食う 就職せず好きなことだけやって生きていく方法

サブカルで食う 就職せず好きなことだけやって生きていく方法

1冊

著者:大槻ケンヂ

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「ロックバンドにアニソンシンガー、作詞、小説に、コラムニスト、テレビタレント、ラジオパーソナリティ、トークイベント、映画原作、舞台原作、映画出演、その他……好きなことだけをやって何とかかんとか食ってきた46年間でした。」と本文の冒頭で綴る大槻ケンヂ氏。小学生のころからの自分を振り返りつつ、サブカルチャーとの出会いからを丁寧に綴った本書。巻末に収録した、本や音楽、映画情報など、サブカルチャーの歴史が分かる貴重なデータでもある。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/11/25
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    3.5
    4
    5
    1
    4
    1
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/29Posted by ブクログ

      サブカルにはサブカルの流儀があるんだなと。背伸びして受容しようにも難解ゆえに退屈で、という感想を肯定してくれる宇多丸さんとの対談には全部ウンウンうなずきながら読んだ

    • 2019/04/02Posted by ブクログ

      筋肉少女帯の大槻ケンヂによるエッセイ。大槻さんが語りライターが書き起こしている。大槻さんの文章ではないのだが、語り口調で書かれているので、大槻さんのオールナイトニッポンを思い出し、初心に戻ったような体...

      続きを読む
    • 2018/09/03Posted by ブクログ

      大槻ケンヂ氏の体験談に終始しており再現性に乏しい。みうらじゅん氏の『「ない」仕事のつくり方』に比べると内容が薄い。

    開く

    セーフモード