【最新刊】お引っ越し

お引っ越し

1冊

著者:真梨幸子

616円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    これを読んだら、今晩、家の扉をひらくのが怖くなる、かもしれない――内見したマンションはおしゃれな街のおしゃれな造り、環境も間取りも条件も申し分ない。ここに決めてしまおうか?しかし白い壁に小さな穴を見つけたキヨコは、そこからじわじわと“イヤな感じ”が広がっていくのを感じるのだった……。片付かない荷物、届かない段ボール、ヤバい引っ越し業者、とんでもない隣人――きっとアナタも身に覚えがある引っ越しにまつわる6つの恐怖。ベストセラー『殺人鬼フジコの衝動』の著者にして“イヤミスの女王”、真梨幸子が引っ越しにまつわる不気味さと、じわじわくる恐怖を描いた出色のサイコミステリ!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/11/25
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    3.4
    20
    5
    0
    4
    11
    3
    6
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/14Posted by ブクログ

      タイトルに惹かれ、ぞっ…と、しながらも、
      サクサク読めました。

      が……、解説が、怖かったあ。
      一気に気分が、重くなりました。
      流石デス!

    • 2019/08/08Posted by ブクログ

      ミステリーというよりも軽めのホラーという印象でさくさく読めました。
      イヤミス真梨幸子さんの作品にしては内容が軽いかなあと思っていたら、最期の最期の解説で…
      ここらへんはさすが真梨幸子って感じでした!

    • 2019/06/17Posted by ブクログ

      怖かった!でも面白かった。
      短編でも、毎回ゾクッとさせられた。
      さすが真梨さん。
      ホラーは苦手なので、オバケ的な感じがするのは怖い。
      解説はオバケ的な怖さと、人の怖さどっちもあって1番怖かった。

    開く

    セーフモード