【最新刊】帝都物語【全6冊 合本版】

帝都物語【全6冊 合本版】

著者:荒俣宏

4,378円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください。

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    関東大震災や辛亥革命など、干支にいう〈亥の年〉には、国家的規模の大異変が続発している。そして、亥年にあたる一九九五年。不幸にも阪神大震災、地下鉄サリン事件という未曾有の大惨事が発生した。だが本書はすでに、魔人・加藤保憲を駆って、破滅の予兆を孕んだ現代の姿を予見していた! ここにまた、混沌とした世紀末を乗り切るために、科学、都市計画、そして風水まで、あらゆる英知が結晶したカタストロフィ・ノベルを繙く時がやってきた――。全6冊電子合本版。※本電子書籍は「帝都物語 第壱番」~「帝都物語 第六番」の6冊を合わせた合本版です。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/11/24
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2005/05/24Posted by ブクログ

      奇書とも言えるSF小説.高校時代,「よくこんなこと考えつくよなぁ...」と思いながら,全12巻を2回ずつ読んだ.
      明治時代から昭和より少し未来の時代までに渡る,""帝都破壊の魔神""加藤保憲と,それぞ...

      続きを読む
    • 2017/12/14Posted by ブクログ

      明治の時代に、最強の東京を作ろうとする話。
      藤原カムイ版のマンガしかみたことがなかったけど、国作り寄りの話だったとは。
      これをマンガにするとキャラ推しされてああなるのだろう。

      この巻は序章みたいなも...

      続きを読む
    • 2010/02/08Posted by ブクログ

      蟲毒に興味があったので読み始めた。
      奇門遁甲という言葉自体を知らなかったのでいろいろと驚いた!
      兵法だったのね…
      ドーマンセーマンってこういう意味だったのね!

    開く

    セーフモード