フットボール批評issue23

編集:フットボール批評 編集部

1,458円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    「勝つ」ことだけにこだわるチームはもう勝てない。今号のフットボール批評では、イノベーションを可能にする≪チーム作りの新常識≫を「監督」「社長」「戦術」の視点から総力特集。もはやサッカーのライバルはサッカーではありません。負けても愛されるチームは、勝たないとファンが増えないチームよりもはるかに価値を持つようになってきたいまの時代、目先の勝利だけでなく、未来を見据えて魅力的なチームを作れるか。問われるのは設計図ではないでしょうか。開幕直前のJリーグ、アジアで激闘を繰り広げた日本代表、海外サッカーで描かれる、「新しいサッカーの設計図」を読み解いていきます。【特集I】新しいサッカーの設計図 イノベーションを可能にするチーム作りの新常識◎風間八宏(名古屋)インタビュー  完成図を描かないチームの作り方 西部謙司◎チョウ貴裁(湘南)インタビュー 究極の組織力 西部謙司◎長谷川健太(FC東京)インタビュー 最難題への挑戦 加部究◎プレミアリーグに見る名将たちのチーム作りと新常識 内藤秀明【特集II】ピッチレベルで読み説く真の戦術論◎なぜ結果論が蔓延るのか? 「ロストフの14秒」に見る、終わりのない議論が繰り返される理由 岩政大樹◎≪新しい戦術の教科書≫攻撃の新戦術「縦のオーバーロード」とは何か? 坪井健太郎&小澤一郎◎スカウティング分析とテクノロジーの最前線 河野大地【特集III】社長をアップデートせよ Jリーグ新時代に求められるリーダー像とは?◎奈良クラブの新たなる野望 新社長、中川政七の革新的な戦略とクラブビジョン 宇都宮徹壱◎是永大輔(アルビレックス新潟) 気鋭の新社長が目指すもの 海江田哲朗◎眞壁潔会長(湘南)が語るJリーグ新時代のサッカークラブが生きる道 木村元彦◎浦和レッズが進む道 轡田哲朗◎V・ファーレン長崎の夢の続き 藤原裕久◎カマタマーレ讃岐と北野誠が来た道 ひぐらしひなつ◎川口能活の2001年 小川由紀子◎ボルシア・ドルトムントGK部門統括責任者が語るゴールキーパー育成の最前線 川原元樹◎育成原論 堂安律らはいかにして育ってきたか? 元川悦子◎精神科医が分析するサッカー選手の心理状態 内藤秀明【連載】◎オリンピック物語 大橋裕之◎スポーツ文化異論 武田砂鉄◎スペインフットボールジャーナル 木村浩嗣◎本なんか読むんじゃなかった 佐山一郎◎ボールは跳ねるよ、どこまでも。 幅允孝◎KFG蹴球“誌上"革命論 錦糸町フットボール義勇軍……他

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード