【最新刊】ヒューマン・コメディ

ヒューマン・コメディ

サローヤン/小川敏子(訳)

913円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    第二次世界大戦中、カリフォルニア州イサカのマコーリー家では、父が死に、長兄も出征し、14歳のホーマーが学校に通いながら電報配達をして家計を助けている。彼は訃報を届ける役回りに戸惑いを覚えつつも、町の人々との触れあいの中で成長していく……。大人たちと子供たちの悲喜交々を笑いと涙で描き、懐かしさと温かさに包まれる長篇。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/11/24
    連載誌/レーベル
    光文社古典新訳文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • ヒューマン・コメディ
      2020/06/18

      大好きな音楽アーティストがこの本を何回も読んだと言っていたので、読んでみました。
      本を読む習慣がなかなか身に付かない私が古典作品を読んだので、なかなか読み進められなかったですが、心が温かくなる良いお話...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • ヒューマン・コメディ
      2018/02/21

      苦しみや悲しみなど、否定的なもの全てを含んでも、それでも人生は生きるに値するものだと…。悪人は登場せず、悪く思えても必ず何かしらの頷ける理由があり…。
      みんなが「一生懸命」なのです。
      「古典」が古典た...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • ヒューマン・コメディ
      2020/10/28

      いっぱい本読んでると、またこの展開か、またこういう設定か、と「自分は一体なんのために本を読んでいるんだい?」と頭がぽわわすることがある。(ほぼ毎日)しかしだな、この本はだな、第二次対戦の最中の、耐えし...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード