【最新刊】バロックの光と闇

バロックの光と闇

1冊

高階秀爾

1,155円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    「歪んだ真珠」を意味する語として生まれた「バロック」は、「粗野な」、「劣った」というニュアンスを帯びて使われる一方で、バッハやベルニーニに代表される雄大壮麗な作品とともに知られてもいる。──では、「バロック」とはいったい何か? 西洋美術史研究の第一人者が、多彩な時代と分野を縦横無尽に駆けめぐり、本質に迫っていく旅の記録。多数の図版を収録した原本に、さらに新たな図版を加えた決定版が登場!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/11/24
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    4.3
    3
    5
    2
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/02Posted by ブクログ

      「バロック」に関する知識を得るにはとっておきの本。それ以上の面白さはなく、淡々と読んだ。けれども、掲載されている図版が多いのは良かった。改めて、ベルニーニに注目。あと、ロココにも注目。

    • 2018/10/08Posted by ブクログ

      バロック芸術の成立とその文化的影響を、ルネッサンス後期からロマン派と新古典派の対立にかけての時代背景の考察を交えつつ、きわめて簡明な文章で綴る。プッサンのいくつかの作品やヴェルサイユ宮殿にまでバロック...

      続きを読む
    • 2018/01/20Posted by ブクログ

      バロックの意味とその芸術作品における表れ方を的確に分かりやすく解説されていて,頭の中を整理するのにぴったりの本.作品の写真もかなり掲載されていて非常に良かった.

    開く

    セーフモード