MAZDA DESIGN

著:日経デザイン 著:廣川淳哉

2,376円(税込)
1%獲得

23pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。デザインがブランドとビジネスを強くする。デザインを原動力にしてブランド価値を上げ、躍進するマツダ今なお進化を続ける同社のブランド戦略の全容に迫る「デザインがブランドを、会社を変える」――マツダのブランド戦略が加速している。デザインをテコにしてブランド価値を上げたい、会社を変えたいと考える企業は多いが、それは容易ではない。デザインをどうレベルアップさせればよいのか。社内の意識改革をどう進めるべきかなど、様々な課題がある。マツダはなぜ変わることができたのか。本書では、マツダのデザインに対するこだわりが次第に他部門まで伝播していく様子を徹底取材。これまでの進化の過程をたどりながら、今なお進化を続けるマツダのブランド戦略の全容に迫る。巻末には「K360」から「コスモスポーツ」、そして「ロードスター」までマツダの傑作を一挙に振り返る「マツダデザインヒストリー」を収録。

    続きを読む

    レビュー

    3
    3
    5
    0
    4
    0
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/09/03Posted by ブクログ

      マツダのデザイン分野におけるキーパーソンの皆様へのインタビューを中心にまとめられた一冊。
      個々の車種を取り上げたり、全体から俯瞰したり。
      現在の魂動デザインへの理解が深まる一冊です。
      64ページと74...

      続きを読む
    • 2018/03/18Posted by ブクログ

      やっぱりマツダのデザインはステキ。
      何より、携わる人々の思い・気持ちが現れていると思う。あらためてそう感じた。

    • ネタバレ
      2018/01/27Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード