【最新刊】母性のディストピア

母性のディストピア

1冊

宇野常寛

3,054円(税込)
1%獲得

30pt(1%)内訳を見る

    宮崎駿、富野由悠季、押井守――戦後アニメーションの巨人たちの可能性と限界はどこにあったのか? 宮崎駿論4万字、富野由悠季論10万字、押井守論10万字の作家論を中核に、アニメから戦後という時代の精神をいま、総括する。そして『シン・ゴジラ』『君の名は。』『この世界の片隅に』ーー現代のアニメ・特撮が象徴するさまよえるこの国の想像力はどこにあるのか? 『ゼロ年代の想像力』『リトル・ピープルの時代』とその射程を拡大してきた著者の新たな代表作にして、戦後サブカルチャー論の決定版。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/11/24
    連載誌/レーベル
    集英社文芸単行本

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード