もうひとつのドア

著:月村奎 イラスト:黒江ノリコ

616円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

母親に愛されずに育ち、今はひとり理不尽な借金を抱える十七歳の広海は、バイト先のパン屋に客として現れた少女・美生とその父親である三夜沢と知り合う。娘に冷たく見えた三夜沢に最初は反発を覚えるものの、彼の不器用な優しさに、大きくてあたたかい手に、与えられた「きみはこれからきっと幸せになれる」という言葉に、いつしか広海は生まれて初めての恋という感情を知る……。ピュアなオール書き下ろし!!

続きを読む

レビュー

  • 2014/12/20Posted by ブクログ

    良かった!今まで、食わず嫌いもあって子持ち攻の設定は敬遠してましたが、思ってたより嫌じゃなかった。というかこの話についてはむしろアリ。その設定が織りなす物語が自然な展開で、読んでいてすごく引きこまれま...

    続きを読む
  • 2008/02/24Posted by ブクログ

    この作家さんの本はいまのところハズレなしですね★
    全体を通してキューンとしっぱなしでした。主人公がずーっと卑屈なままではなく、少しずつ変わっていくのがよくわかったし、読んでよかったなと思いました。えっ...

    続きを読む
  • 2010/06/21Posted by ブクログ

    !!注意!!
    非腐女子のオタクが研究のために読んだので、視点や感想に偏りがあるかもしれません!

    一番最初に読んだBLでした。
    正統派というか、BLというとずっこんばっこんなイメージがありましたが、そ...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A001805579","price":"616"}]

セーフモード