もうひとつのドア

著:月村奎 イラスト:黒江ノリコ

604円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    母親に愛されずに育ち、今はひとり理不尽な借金を抱える十七歳の広海は、バイト先のパン屋に客として現れた少女・美生とその父親である三夜沢と知り合う。娘に冷たく見えた三夜沢に最初は反発を覚えるものの、彼の不器用な優しさに、大きくてあたたかい手に、与えられた「きみはこれからきっと幸せになれる」という言葉に、いつしか広海は生まれて初めての恋という感情を知る……。ピュアなオール書き下ろし!!

    続きを読む

    レビュー

    4.3
    15
    5
    6
    4
    8
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2015/05/14Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2014/12/20Posted by ブクログ

      良かった!今まで、食わず嫌いもあって子持ち攻の設定は敬遠してましたが、思ってたより嫌じゃなかった。というかこの話についてはむしろアリ。その設定が織りなす物語が自然な展開で、読んでいてすごく引きこまれま...

      続きを読む
    • 2014/10/07Posted by ブクログ

      粗野な建築家と生い立ちに難ありな受け。

      基本的にマイナス思考の強い受けは嫌いじゃないけど、強すぎると辟易。
      でもそれはただ悲劇のヒロインぶってたらであって、この作品の受けはちよっと違う。
      心の軋み方...

      続きを読む
    開く

    セーフモード