十字軍物語 第四巻―十字軍の黄昏―(新潮文庫)

完結

塩野七生

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「玉座に座った最初の近代人」と呼ばれる神聖ローマ帝国皇帝フリードリッヒ二世の巧みな外交により、イェルサレムではキリスト教徒とイスラム教徒が共存することに。しかしその平和は長続きせず、現代では「聖人」と崇められるフランス王ルイ九世が率いた二度の遠征は惨憺たる結末を迎え……。「神が望んだ戦争」の真の勝者は誰なのか――。『十字軍物語3』を文庫第三巻、第四巻として分冊。

    続きを読む
    • 十字軍物語 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      十字軍物語 全 4 巻

      2,992円(税込)
      29pt獲得

    レビュー

    • 2011/11/30Posted by ブクログ

      十字軍第一世代が退場するまで~ビザンツ皇帝アレクシオスの援軍要請に法王ウルバン2世が応えたのは,神聖ローマ皇帝ハインリッヒ4世をカノッサの屈辱(三日三晩)で屈服させたクリュニー修道院出身のグレゴリウス...

      続きを読む
    • 2019/04/18Posted by ブクログ

      その距離を~競うより~♪ どう飛んだか、どこを飛んだのか♪
      ♪それが、一番、大切なんだ♪、そうである。
       
      人生ならそんな生き方もあってはいいと思うが、これが勝負の世界、とくに戦争ではそうはいかない。...

      続きを読む
    • 2019/09/16Posted by ブクログ

      キリスト教の聖地がイスラム諸国の手に落ちてからから400年ちょっと、本書は法王の聖戦への呼びかけに参集した俗にいう第一回十字軍がエルサレム奪還を試みる遠征記になっている。

      冒頭から目から鱗がポロポロ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002199441","price":"649"}]

    セーフモード