サブスクリプション・マーケティング――モノが売れない時代の顧客との関わり方

著:アン・H・ジャンザー 訳:小巻靖子

1,870円(税込)
1%獲得

18pt(1%)内訳を見る

    所有から利用へ、販売から関係づくりへNetflix、セールスフォース、Amazonプライム・・・共有型経済とスマートデバイスの普及を背景に、あらゆる分野でサブスクリプション(定額制、継続課金)へのシフトが進んでいる。「モノが売れない時代」を迎える中、いま何をするべきか?ビジネスの原則を変える大潮流の本質と実践指針がわかる!近い将来、私たちは何も「買わなく」なる――?ソフトウェア、食品、アパレル、日用品、メディア、ヘルスケア…あらゆるビジネスを変革する新時代マーケティングの教科書。

    続きを読む

    レビュー

    4
    6
    5
    1
    4
    4
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/31Posted by ブクログ

      金言多数。おもしろかった。
      読後感が清々しいのは、最後のまとめ、サブスクリプションエコノミーで世界はもっとよくなる、の一文がきいてる。
      サブスクリプション以前の顧客とマーケターの関係を思うと、J-Wa...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/05/11Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/12/23Posted by ブクログ

      著者は言う ー「私たちの社会は、サブスクライバーの社会になろうとしている。サブスクリプションは判断を下すときの煩わしさを和らげてくれる。所有や維持に伴う負担を軽減してくれる。自動的、あるいは定期的にサ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード