昭和天皇物語 7巻

昭和天皇物語 7巻

能條純一 原作:半藤一利 脚本:永福一成 監修:志波秀宇

693円(税込) クーポン利用で346円獲得へ
1%獲得

6円相当(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayポイント付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 346(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/09/30 23:59 まで有効

獲得

大正天皇、崩御…25歳の青年は天皇となる 大正14年、12月6日。国民が注視する中、裕仁(ひろひと)皇太子と良子(ながこ)妃との間に待望の第一子が誕生した。父となり、大きな責任を背負うこととなった、そのわずか1年後―― 大正15年、12月24日。深夜。裕仁青年に天皇のあり方を示し続けた大正天皇がこの世を去った。尊敬する父……敬愛する父……肉親との別れに涙を流す時間もなく父の死より約2時間後、青年は第124代の「天皇」となる―― のちに激動の時代と呼ばれる「昭和」が、いよいよ始まったのだ…!!

続きを読む