【最新刊】市民植林

市民植林

無料あり

1冊

東三郎

0円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

    植林が成功するまでには長い時間が掛かる。利を求める文明社会では、学も業も敬遠する営みである。そこで失敗を免れる技を提案し実行してきた。すなわち苗木の根っこをコンパクトに護る方法である。この方法の主役は「カミネッコン」である。再生段ボールのポットでバイオブロックを作れば、いつでも、どこでも、だれでも植えることが出来る。街の子どもがブロックを作り、クルマで運んで山野に植えれば、あとは自然力に任せるだけだ。年を重ねて実績が出てきた。一連の画像から植林の真意が伝わることを願っている。10.15.2017 東 三郎

    続きを読む
    ページ数
    42ページ
    提供開始日
    2017/11/15

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード