【最新刊】建築探偵桜井京介 館を行く

建築探偵桜井京介 館を行く

篠田真由美

1,562円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    建築探偵の名の通り、桜井京介が建築探訪! 著者初めてのエッセイは、建築探訪記。安藤忠雄の現代建築からフランク・ロイド・ライトまで、建徳探偵シリーズの主人公・桜井京介と著者が訪ねて語り合う。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/11/10
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    レビューコメント(11件)
    • 建築探偵桜井京介...
      2007/09/11

      近代建築の中でも、作者の趣味に偏った建築を紹介する本。その辺の趣味が同じ人間ならそこそこ楽しめます。ついでに、建築探偵が好きな人間なら、かなり楽しいかと。
      ただ、もうちょっと写真が欲しかった(カラーで...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 建築探偵桜井京介...
      2007/04/05

      明治から戦前までに建てられた、和洋折衷の近代建築(いわゆる西洋館)を訪ね歩いたエッセイ。エッセイなんだけど、『建築探偵桜井京介の事件簿』シリーズの登場人物が登場しているあたりは、フィクションですね。小...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 建築探偵桜井京介...
      2009/06/14

      会話形式になっているので読みやすくはあるけれど、建築を見る本としてはちょっと物足りないかも。
      写真も白黒の小さいものがちょっと載っているだけだったりで、知らない建物だと想像しづらいまま終わってしまう。...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード