漱石と煎茶

小川後楽

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

    漱石は『草枕』で、いまはほぼ忘れられた風流韻事「煎茶」をみごとに描き出している。近世文人が愛好した「煎茶」は、日本で独自に発展した茶の湯とは別の茶事で、陸羽以来の中国の茶の正系を色濃く継いでいる。その煎茶の歴史がはぐくんだ精神と漱石の思想は、じつは深く重なり合う。そしてその視角から読みなおすとき、『草枕』は明確な反戦小説であり、漱石が「維新の志士の如き」過激な文学者であることが見えてくる。漱石像の刷新!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード