【最新刊】ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力

ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力

1冊

帚木蓬生

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    臨床40年の精神科医が、最も関心をもつネガティブ・ケイパビリティとは何か。せっかちに答えをもとめ、マニュアルに慣れた脳の弊害…… 教育、医療、介護でも注目されている、共感の成熟に寄り添う「負の力」について、初の著書。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/11/07
    連載誌/レーベル
    朝日選書

    レビュー

    3.9
    20
    5
    8
    4
    4
    3
    7
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/11Posted by ブクログ

      ネガティブ・ケイパビリティとは何か、それを人生に生かすには、というあたりが知りたかったのだけれど、歴史上の人物の誰がその能力を持っていたとかそんな話ばかり。なのでパラパラと斜め読みして終わった。

    • 2019/06/03Posted by ブクログ

      ネガティブケイパビリティの生みの親である2人と、その広まり、関連等が主に記述されている。
      個人的に、歴史的事実や過程よりも、ネガティブケイパビリティという概念そのものに対する筆者の見解や掘り下げを読ん...

      続きを読む
    • 2019/01/31Posted by ブクログ

      「ネガティブ・ケイパビリティ」とは
      「事実や理由をせっかちに求めず、不確実さや
      不思議さ、懐疑の中にいられる能力」です。
      (言い換えると、問題を解決しない能力。)

      キーツはシェイクスピアが備えていた...

      続きを読む
    開く

    セーフモード