編集ども集まれ!

藤野千夜

1,496円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    作家の笹子は22年ぶりに、かつて勤めていた出版社があるJ保町を訪れた。小説誌から当時のことについて執筆依頼を受け、取材を始めたのだった。――1985年、小笹一夫は漫画編集者として入社したのち、女性の格好をして働きだす。周りからは「笹子」と呼ばれるが、会社側は……。漫画をこよなく愛する芥川賞作家のデビュー前夜と今。自伝的小説!

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/11/06Posted by ブクログ

      なんとこれは「D菩薩峠漫研夏合宿」の続篇的内容。自身の中高時代を綴った「D菩薩~」はかなり覚悟を決めて書かれたそうだが、本書にはそれ以上の覚悟や勇気が必要だったことだろうと、読み終えてしみじみ思った。...

      続きを読む
    • 2018/02/24Posted by ブクログ

      多分はじめての作者さんで、状況がすぐには飲み込めず序盤は読むのに戸惑った。

      自伝的小説との事で、なるほどトランスジェンダーに関する話なのだな、と思って読んでいたんだけど、その部分は割とサラッとしてい...

      続きを読む
    • 2018/05/16Posted by ブクログ

      小笹一夫がどんな経験をするのかと思うと少しどきどきしたけれど、冒頭の笹子とアダっちの会話になんとなくほのぼのとしたものを感じていたので、まあ、安心して読みました。
      藤野千夜さんの作品からにじみ出るやさ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001800691","price":"1496"}]

    セーフモード