【最新刊】死は望むところ

死は望むところ

1冊

深町秋生

751円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    あいつらは飢えた狼だ――この世を地獄に変える。凶悪軍団vs復讐を期す刑事! 目をそむけたくなる冷酷な連射……。神奈川県南足柄市の山中で、敏腕女刑事らが殲滅された。急襲したのは「最後の天才極道」率いる武装犯罪組織「栄グループ」。既成暴力団幹部らも抹殺し、警察にも内通者を抱えていた。警視庁特捜隊は彼らを追うが、仲間を殺戮され、復讐を期す。死をも恐れぬ者どもの闘いの果て。類例なき警察小説の神髄。血まみれの暗黒警察小説!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/11/10
    連載誌/レーベル
    実業之日本社文庫
    出版社
    実業之日本社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.9
    11
    5
    3
    4
    5
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/12Posted by ブクログ

      ハードボイルド好きとしては、なかなかの出来栄え。一気読みしてしまった。
      身の毛もよだつほどの痛々しい描写が多く、何度も読み返してしまう箇所があった。脳漿、指が砕ける、歯が口の中で転がる、眼球が垂れ下が...

      続きを読む
    • 2019/02/27Posted by ブクログ

      完全なフィクション&超絶クライムノベル。まあこんな警察はありえないが、そこは著者の腕がいいので楽しませてくれました。北野映画になりそうな作品。

    • 2018/11/19Posted by ブクログ

      もともとバイオレンスな描写が多い作家さんですが、今作はその中でも飛び抜けているんじゃなかろうか。あまりの死人の数に怖れ慄くし、何より、この人まで死なせちゃう??な非情過ぎる展開に驚愕する。バイオレンス...

      続きを読む
    開く

    セーフモード