ローマの汚れなき花嫁【天使のウエディング・ベル III】

メイシー・イエーツ 翻訳:遠藤康子

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    “私、妊娠しているの。あなたの子よ”信じてもらえるはずがない、初対面だもの。 貧しいウエイトレスのエスターは、ローマで知り合った女性に代理出産を依頼された。この報酬があれば生活を立て直し、夢だった大学にも通える……そう思って引き受けたのに、もう子供はいらないですって? 妊娠したエスターは困り果て、赤ん坊の父親である不動産王、レンツォ・ヴァレンティを訪ねるが、冷たく追い払われてしまう。だが数日後、彼が突然現れて強引にエスターを屋敷に連れ帰ると、こう告げた。「責任を取ることにした。きみは僕の妻になるんだ」いったい何が起きたの? エスターは呆然とうなずくしかなかった。 ■真実の愛にたどり着いたきっかけは“妊娠”──M・イエーツが命を授かった花嫁のロマンスを描くシリーズ、〈天使のウエディング・ベル〉の最終話です。代理母としてバージンのまま身ごもったヒロインは、顔も知らなかったヒーローと結婚することになり……。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード