【最新刊】僕たちの恋人

僕たちの恋人

1冊

ローレン・ホークアイ 翻訳:紫堂あき

220円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    結婚式の二次会でストリップ・クラブへ行ったリンダは、端整な顔立ちの赤毛の男に声をかけられた。「僕たちと飲み直さないか?」甘い囁きに膝から力が抜け、体の奥が熱くなる。彼――エリックに肘を引かれ、連れていかれたのはステージ前のテーブル。そこには彼の友達ネイトもいた。青い瞳に、透きとおるほど白い肌。なんて神々しい。その彼が好奇心もあらわに見つめてくる。ステージではストリッパーがダンスをしていた。胸はむきだしで、レースのTバックだけ身に着けて。やがてネイトがストリッパーを膝にのせ、官能的な動きをしはじめると、リンダはエリックの膝にのせられた。脇腹をなでられ腿に下腹部をこすりつけられるうち、あっというまに絶頂に達してしまった。下腹部の疼きがおさまらぬままスカートをたくしあげ、今度はネイトの膝にまたがった。背後からエリックがヒップをなではじめる。ああ、エリックとネイトに抱かれたい。気づくとわたしはふたりに両手を掴まれ、路地裏のレンガの壁に押しつけられていた。「後ろを向け」

    続きを読む
    提供開始日
    2017/11/22

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード