【最新刊】たそがれの市 あの世お伽話

たそがれの市 あの世お伽話

1冊

著者:近藤ようこ

1,210円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    死ぬと最初にたどり着くさびしい場所、それが「たそがれの市」。自分が死んだと気付かない“大人のおいと”を見かけた少女のおきく。おきくはおいとにまとわりつく幽霊を遮り言う。「お前は元の場所に戻りな」と。神隠しとされていたおきくは、幼馴染のおいとと谷筋でもみ合ううちに――。たそがれの市でおきくの思いを知ったおいとは……(「第一話 紅の皿」)。ほか、病で先だった母が子を思う深い哀しみを描いた「第二話 涙池」や身分違いの恋と因縁を描いた「第三話 思い出」、津波に流されて命を落とした娘を探し求めて迎えにくる現代の家族との交流の物語「第四話 津波」など。たそがれの市で、思いを残した死者と生者が交わるとき……生と死という壮大なテーマに向かい合った感動の全十一話。

    続きを読む
    ページ数
    164ページ
    提供開始日
    2017/10/28
    連載誌/レーベル
    角川書店単行本
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    青年マンガ
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/10Posted by ブクログ

      『生と死という壮大なテーマに向かい合った感動の全11話』
      とあったけれと。。

      いまいち感動しないのは、なぜだろうか。。

      わかったことは、死ぬと最初にたどり着け寂しい場所『たそがれの市』で、おきくち...

      続きを読む
    • 2017/11/15Posted by ブクログ

      死んだ者がたどり着く市場をめぐる話。迎えが来る者、思い出と交換に助かる者、先に行った妻にやり直してくれと頼むも今の夫と暮らす家で下働きになる者、子供時代に仲の良かった友人がだんだん成長していく様を眺め...

      続きを読む

    セーフモード