めぐみ園の夏

高杉良

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    昭和二十五年夏。両親に見捨てられた十一歳の亮平は、孤児たちが暮らす施設「めぐみ園」に放り込まれた。厳しい食糧事情、粗暴な上級生、園長夫妻の理不尽、幼い弟妹。亮平は持前の機転と正義感で、自らの道を切り拓いていく。「めぐみ園がなければ、作家になっていなかったかもしれない」――経済小説の巨匠、初の自伝的長編小説。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード